So-net無料ブログ作成

20190417:イチロー選手(元)の “国民栄誉賞辞退” を聴いて・・・ [ただの私見]

 もう2週間程前になるだろうか、イチロー選手(元)が政府から3度目の授与打診を受けて “辞退” した旨の報道があった。

 現役の頃は 「今は “現役” なので・・・」 が理由だったが、それでは現役を引いた今ではOKの筈と国は踏んで打診したのだと想うが、今度は 「”人生の幕” を下ろした時に・・・」 だったそうだ。

 “人生の幕を下ろす” ・・・ が具体的にどういう状態を意味するのかは当の本人しか解りようがないが、自分はこれを聴いた時にどういう訳か、彼は “一生、貰うつもりがない” ・・・と確信した。

と言うのも:
 彼は “頑張りますので応援よろしく” とは言わない。
 プロだから “頑張るのは当たり前で、応援して貰えるプレーが出来る様に日々努力する” の考え方だ。
 彼の野球哲学に従えば、”プロとして” 当たり前の事を目指し、しただけなので “国民栄誉賞を受賞する事には繋がらない” となるのでは無かろうか。
 多くの方々からお叱りを受ける事を承知の上で申し上げると、彼が受賞OKしたら自分は “がっかり” でした。

勿論:
 これ迄に国民栄誉賞を受賞された方々をどうのこうのと申し上げている訳ではありませんので、この点についてはご理解戴けますよう、お願い申しあげます。

共通テーマ:日記・雑感