So-net無料ブログ作成

20190418:我が家のニャンで納得済み(ニャンは自分の名前を聞き分ける) [ニャン]

 洒落たヘッドラインに惹かれて読んでおもわず “ニンマリ”:
   時事通信配信(新聞掲載:2019年4月6日):
    ”吾輩は聞き分ける
     - 自分の名前 猫は把握 上智大チーム

 上智大学の先生方がお調べになったそうで、サイエンティフィック・リポーツ誌(科学誌@英国)に掲載され、話題になったとある。
 名前を呼んでも返事をしないのは単に “気分の問題” だったらしい。

“思い当たる事” って沢山あるぞ:
①名前は認識している:
 自分とか我がワイフ殿が名前を呼ぶと返事をしてくれる事が多い。
 が、家の外で “戦闘モード” になっている時には話しかけてもチョイと見上げるだけで返事もしないし、寄っても来ない。

②名前以外も認識しているかも?:
 家の中ではニャン相手に話しかけると都度 “ニャァ~ニャァ~” と返事して “会話が成立” しているし、 “お留守番だよ” と呼びかけると、さッとキャット・タワーに駆け上って “待ちの姿勢” へ。
 さも
  「さぁ、待ってるから速く用をたしてきて帰ってきてくれ。
   お土産忘れないで!」
って言ってる見たいだ・・・(^_^)

 でも気分が乗らない(?)時は “ギャオ~” の様な叫び声(?)で香箱座りしる。

 お腹が空いた時は、私らを振り返りつつ “ニャァ” と言いながら “食べモン置いてある部屋” へ “案内” する。 
  「さぁ、ご飯頂戴!」
って言っている?!

 我が家のニャンは何て頭良いんだろう・・・なんて想っていたのが、訳解りました。
 研究された上智大の先生方、大のニャン好きなんでしょうねぇ・・・
“ニャンとのコミュニケーション” よくぞご研究してくれました!